北村嘉一郎
Kitamura Kaichiro

 

ジャズ・ボイスパーカッショニスト。

 

神奈川県横浜市出身。幼少よりピアノに親しみ、早稲田大学教育学部在学中の96年、プロアカペラグループ「TRY-TONE (トライトーン)」に加入、以降、2007年まで11年にわたりバリトンとして活躍した。
 
2008年からはソロアーティストとして独立。「納谷嘉彦(pf)」、「クリヤマコト(pf)」、「里見紀子(Vln)」などのグループを経て、2010年からは「ギラジルカ(vo)」、「矢幅歩(vo)」、「Marie (vo)」、「鈴木よしひさ(Gt,Key)」などのグループでも活躍。2015年11月からはアカペラでの活動も再開し、矢幅歩らが率いるジャズアカペラグループ「鱧人」のメンバーとしても活躍している。
 
 一方で、海外のアカペラグループとのコラボレーションも、2013年頃より日本国内での活動と並行してスタート。
 
 まず、2013年には世界最高峰と評されるスウェーデンのアカペラグループ「The Real Group」の来日記念盤「The live in JAPAN」にゲストとして録音参加。
 
そして、2015年にはオーストラリアを代表するコーラスグループ「The Idea of North」とジョイントライブをシドニーとアデレードで敢行。翌2016年3月には、彼らの最新アルバム「Ballads」のうち3曲に録音参加し、直後の5月にその発売記念コンサートとして、オーストラリア国内でのツアーにスペシャルゲストとして招聘される。約1ヶ月にわたり、シドニー、ホバート、メルボルン、ブリスベン、ウロンゴンなどの都市で演奏した。これらのコンサートの成功を受け、The Idea of Northの「準レギュラー」として、サポートメンバーに抜擢される。同年12月には、再びオーストラリアを訪問し、同グループのメンバーとしてメルボルンシンフォニーオーケストラとも共演。ボイスパーカッションでは前例のない、フルオーケストラでのリズムセクションを担当した。
 
2017年にはThe Idea of Northとの活動が本格化。4月には中東のカタールを初訪問。そして、ドイツ国内での国際アカペラフェスティバルに公式ゲストして演奏し、大変に大きな反響を得た。これらの実績が評価され、2018年より正式メンバーとして迎えられた。担当はVocal PercussionとBaritonである。
 
一方で国内では鱧人が2015年に結成後、香港ツアーを始め、国内でのツアーを全国的に数多く実施。アルバムは通算で2枚リリースし、現在も3枚目のレコーディングを進めるなど、精力的に活動をしている。
 
2020年現在、「鱧人」と「The Idea of North」の二つのグループを中心に、フリーのボイスパーカッション奏者として、楽器のセッションも含め、ジャズ、ポップスなどのジャンルで多方面に活躍している。
 
楽器に並ぶクオリティーと音楽的な表現力、そして、豊かな演奏、特に、吸うスネアを基本にしたバランスのとれた奏法は、ボイスパーカッションのモデルの一つとして世界的に高い評価を受けている。
 
一方、インストラクターとしての実績も多く、アカペラ関係を中心に国内のみならず、韓国、台湾、香港、マカオ、中国、シンガポール、オーストラリアなど海外でも講義を行い好評を博している。2011年からは台湾に本部を置く国際アカペラNPO法人「Vocal Asia(ボーカルアジア)」の「日本代表」にも選任。2020年の退任まで9年間にわたり、日本のアカペラグループの海外へのコネクション紹介や、海外グループの日本への招聘など、国際交流の橋渡しを行ってきた。同職退任後はVocal Asiaの「Artistic Adviser(芸術アドバイザー)」に就任。後進の育成やアカペラを通じた国際交流/相互理解の推進にも力を入れている。
 
ところで、国際交流に関連して特筆すべきは、北村は大学時代には韓国語を学んでおり、語学力を生かして、韓国と日本とのアカペラによる国際交流に取り組んできたことである。TRY-TONEに在籍していた1997年に、韓国のアカペラグループ「インゴンウィソン」とジョイントコンサートをソウルと大阪で開催し、それ以降、韓国でのコンサートやワークショップに数多く招待されている。また、現役の小学校教師で、「韓国アカペラ教育研究会」を立ち上げ、音楽教育にアカペラ教育を取り入れる活動している「ハンスンモ(한승모)先生」と意気投合し、日韓でアカペラ教育に関するフォーラムや勉強会を開催してきた。特に日本においては、先生の熱意もあり、韓国の学校の冬休みに合わせて、毎年1月から2月ごろ来日して勉強会を開催。東京のみならず、福岡、熊本、奈良、大阪、名古屋、甲府、長野などにも足を運び、アカペラがいかに教育的に効用があるかを、数々の実践例を元にして発表している。講義は一般の受講者に限らず、現役の教職員も受講しており、日韓の枠を超えて、教育者が集い、お互いの音楽教育の理想像をお互いに伝え合うという、貴重で画期的な時間であった。
 
北村はその他、東京の「早稲田大学エクステンションセンター」にて、一般向け「アカペラ講座」講師も務めている。
 
■船橋市民文化創造館ワークショップ「ボイスパーカッション講座」講師(2011年)
■「金沢アカペラタウン」イベントアドバイザー(2011年~)
■「夢・ねりまアカペラコンクール」、「金沢アカペラコンクール」審査員(2012年)
■千葉市文化振興財団「ボイスパーカッション講座(5回シリーズ)」講師(2012年9月~11月)
■「Vocal Asia 国際アカペラフェスティバル ミュージックキャンプ・ボイスパーカッション講座(台湾・中国・韓国)」講師(2011年~)、
■「St.Paul's Co-Educational College(香港)」サマーミュージックコース講師、「香港国際アカペラコンテスト」審査員(2013年)
■熊本県天草市「天草ロマンティック海道~アカペラコンサート」企画アドバイザー(2013年~2015)
■山梨県河口湖町「甲州アカペラサミット」企画アドバイザー(2013年~2017)
■香港国際アカペラコンクール審査員(2013~)
■早稲田大学エクステンションセンター「アカペラ講座」講師(2015年〜)

 

Kaichiro Kitamura(Kai) is famous as 'Jazz Vocal Percussionist' in Japan. Born in 1974 and a former member of TRY-TONE, he started doing vocal percussion as a child. He can make sounds that sound just like real drumming while breathing in and out. This kind of sound is unique and can accompany both instrumental as well as choral groups. He held a vocal drumming workshop for singers at the Taiwan Choral ensemble Festival, 2007 / 2008, and in South Korea he has held numerous workshops for students during over 30 visits. He is also invited as a guest performer for recordings and at concerts. Then, he works with some great musicians such as Yoshihiko Naya(pf), Makoto Kuriya(of), Noriko Satomi (vln), Geila Zilkha (vo), Ayumu Yahaba(vo) and Yonwoo Kim (a South Korean folk singer). He is now trying out vocal percussion in jazz.
And in 2009 and 2010, he was invited to 'Hong Kong A cappella festival' as the master and the guest performer.


In 2015, he officially started to work with Aursralian A cappella group 'The Idea of North', touring around Australia, Asia, Euroupe and Middle east. Andin 2016, he was elected as 5th member of this group. 

Kai has also been performing with Japanese male a cappella quartet 'HamojiN' and released 2 albums and made loach-in tour all over Japan. 


Kai has been working for 'Vocal Asia' as former-Japanese Representative for 11 years,  and now in 2020, he changed his role as 'Artistic Adviser'. Kai's passion for the music and education is still keep growing.