Lesson

北村嘉一郎ボイスパーカッションレッスン/アンサンブルレッスン

ご一緒に学んでみませんか?

本人が指導する個人からグループまでのレッスン

ボイスパーカッションは、今ではアカペラにおいてなくてはならない存在になってきました。どこでも音を出すことができる手軽さと気軽さが、多くの人に受けているようです。ただ、アンサンブルの中で躍動感のあるリズムを演奏することは簡単ではありません。そこで、様々な練習方法を試しながら、高度で楽しいアンサンブルを目指してご一緒に学んでみませんか?受講生、お一人お一人の環境や趣向に合わせて、独自にカリキュラムを組み、実力アップを図っていきます。お気軽にお問い合わせください。
(詳しくは当ページの下の方をご覧ください)
 


(English) Kai Kitamura Vocal Percussion Coaching

Vocal Percussion individual coaching session (On line or Studio)

On-line coaching is also available. You can take the lesson from everywhere in the world!!

Vocal Percussion is the technique of imitating the drum sounds with your mouth. It takes a little time to get used to it, but once you have got the point, you will be able to accompany with vocal ensemble, and instrumental band. 'KAI Kitamura' is an acticve proffesinal Jazz Vocal Percusssionist, perfroming for The Idea of North (Australia) and HamojiN (Japan). He had been recording numerous of art works in Jazz and singing group, and one of the remarkable one was the live album entitled 'Live in Japan' of The Real Group album in 2015.
KAI has been teaching to the students in the world for more than 10 years. Non-profit Organizaion 'Vocal Asia' invited Kai for their workshop festival many times, and Korean A cappella society had been hosting Kai's workshop for a long time in many places in South Korea. And also he visitied Singapore, Hong Kong, Shanghai, Shenzhen, and more cities in the world. He went to Vocal Mente in Italy last year and he had a class to teach. 
 
Kai will support you to improve your skill upgraded. Please feel free to contact and we will figure out how we can have a class.

Individual on-line coaching fee;
$100 USD/2 hours 

For more informatoin, any inquiries, please write to; 

info@kaidrums.unison.jp

 

レッスン詳細

オンライン/対面でのレッスン 

ご希望に合わせてアレンジいたします。

個別指導(オンライン)新規受講生募集中!
1回2時間   5000円(オンラインレッスン)
 
経験豊富な北村による実践重視の指導。ぜひご検討ください。
 
 
 

音楽の躍動感を大切にしながら、伝わるボイスパーカッションを目指す

オンライン/対面 どちらのレッスンも対応

ボイスパーカッション(英語名;Vocal Percussion/Vocal Drums)は、アカペラや楽器のアンサンブルにおいて、リズムセクションのドラムの役割を声で奏でる技術です。海外ではBeat Boxとも呼ばれますが、厳密にはジャンルの違いがあり、近年では大きく、アンサンブルを主体とするVocal Percussionに対して、個人技を披露して大会などで競い合うものがBeat Boxです。両者は技術的には共通することがあり、例えばBeatboxで活躍していたプレイヤーが、アカペラグループにも入って演奏しているというケースも多く見られます。
北村は20年にわたりプロのアカペラグループやジャズグループで演奏経験があり、逆にBeat Boxでの経験はありません。ただ、世界を舞台に演奏してきた経験を生かして、よりアンサンブル力に重きをおいた、Vocal Percussionの技術を広く体系化して指導をしています。
Vocal Percussionも様々な技術があり、世界にたくさんの指導者がいて、それぞれの独自の指導法を展開されています。北村の場合は「吸うスネア」を中心として、よりアコースティックなドラムの演奏をイメージしたサウンド作りを目指しています。音数を減らし効果的な音構成にすることで、バックでの演奏をより魅力的なものにしています。

レッスンでは北村のやり方を強要するのではなく、生徒さんの持っている音色を生かしながら、それを演奏の中で生かしていく方法を伝えてまいります。
 
良い演奏家になるためにはまずは音楽的なセンスを養うことが最も大切だと思っています。どんなに技術が高くなっても、それを効果的に、音楽的に表現できないと、レベルが上がってきたときに悩むことになってしまいます。そのため、音の出し方を学ぶ段階から、曲の一部のような雰囲気の課題を作って練習していきます。基礎段階でも音楽的な楽しさを意識しながら、音楽の中で常に先を考えていくように心がけています。初心者の方もぜひお気軽にご参加ください。

また中/上級者については、アンサンブルの実際の場面を想定した様々な課題を作って、それを一緒に考えながら、その人にあった演奏スタイルの確立を図ってまいります。オーディエンスと演者の両方の立場に立って、アドバイスをしていきたいと思っています。皆様のお申し込みをお待ちしています。

The Real Group and The Idea of North at Stockholm, Sweden

Rajaton and The Idea of North in Helsinki, Finland